昔ながらの喫茶店

昭和21年(1946年)

より70年以上続く浅草の喫茶店「アンヂェラス」。 お店を開業したのは現オ
ーナーの祖父母。戦後間もない頃、「甘いものをみんなで食べてほしい。」と
思い、当時では珍しい喫茶店を夫婦で始めました。

飲兵衛の祖父とクリスチャンの祖母が始めたこのお店。
店名でもある「アンヂェラス」というのは、カトリック
教会の祈りの時刻を知らせる合図の鐘の音。
聖母マリアへの天使のキリスト受胎告知を祝し、感謝す
る毎日3回のお祈りの意味が込められています。
今でもそのまま残っている味のある吹き抜けの建物は、
祖母の影響で、礼拝堂をイメージしています。

お客

酒呑み飲兵衛の祖父が考案した「梅ダッチコーヒー」や洋酒をふんだんに使ったケ
ーキ「サバリン」。お酒を効かせた看板メニューは作家・池波正太郎先生、手塚治
虫先生など、多くの著名人にも愛されてきました。

「アンヂェラス」のモットーは「シンプル・イズ・ベスト」。 いつ
来ても懐かしく、変わらないこの空間を保ち、今では若い世代の方
にとっても新鮮で貴重な空間へとなりつつあります。今後もこの昔
ながらの雰囲気をみなさまに伝えてゆければ幸いです。

モデル

OPEN当初では珍しかった、礼拝堂をイメージした当店。
外国風な外観が好まれ、かつては雑誌のモデルさんの撮影
の背景にも使われました。

当店のケーキの特徴

店内のご案内

木の質感を大事にし、一つの大木を削って掘った木彫りの柱や装飾が、店内の至る所に見られます。
現役の喫茶店でこのような造りの建物は、今では少なくなりつつあります。それぞれのフロアをご紹介します。

1階

お持ち帰り用のケーキもこちらで販売しております。

1階

上を見上げると2階席や、木彫の彫刻が。
竪琴のようなこのマークは「鳩」を表しています。

2階席

2階席

1階が見渡せるこちらのお席は、
吹き抜けの感じを味わうことができます。

3階平日喫煙可

浅草が流行の発信地だった昭和30年ぐらいは、当店の3階に皆が
集まり、情報の交換の場となっていました。

今では当時と雰囲気は違えど、11時の開店と同時に憩いの場とし
てみなさまにゆったりとお過ごしいただいています。

3階

お客様へ

喫茶室ですので、お飲み物のご注文をお願いしております。
土日は混み合うこともありますが、ご了承願います。